腸内 ガス 食品

腸内ガスがたまりやす食品とは?

スポンサーリンク

食事を改善することで腸内ガスをたまりにくくするということは可能です。
腸内環境をよくすることが異常発酵やガスだまりを減らしてくれるのです。
腸内の善玉菌を増やす食べ物としてはヨーグルトや、納豆、キムチ、ぬか漬け、味噌といった発酵食品、ごぼう、さつまいも、豆類、わかめなどの海藻類を摂るのもおすすめですね。
ただこれらの腸内環境にいいと言われている食べ物も食べ過ぎたら腸内ガスが溜まりやすくなります。
特に食物繊維が多い食べ物を食べ過ぎると腸でガスを発生する元となるります。
おならの回数が多くて困っているときは食物繊維の多い食べ物を取り過ぎないようにすることが大事になってきます。
食物繊維の多い食べ物を摂り過ぎて出てしまうおならはあまり臭くないことがせめてもの救いですが^^;

スポンサーリンク

腸内ガスがたまらないようにすることも大切です。
うどんやおかゆといった炭水化物は便として排出される際に腸内ガスも出してくれるので、こちらも合わせて取っていくといいでしょう。
どんな食べ物も偏って○○だけ。。というのが一番よくないのです。
バランスの良い食事を心がけることが大切なのです。
腸内ガスがたまる原因として肉中心の食事というのがあります。
肉や卵などのタンパク質が分解されるときに強烈な臭いの成分をもつ硫化水素、インドール、スカトール、アンモニアも一緒に出てしまいます。
なので食物繊維とりすぎのおならとは違ってとても臭いものが出ます。
腸内にガスがたまって排出されない状態は体にとってよくありません。
腸内ガスが横行結腸にたまるとすい臓や胆嚢が圧迫されて激しい痛みが起こることもあります。
ガスが異常に発生しているな、お腹が痛いなと言う時は一度病院で検査してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク