世界一受けたい授業 腸内ガス

世界一受けたい授業で紹介された腸内ガス改善法とは…

スポンサーリンク

世界一受けたい授業をはじめ健康を取り扱ったテレビ番組で腸内環境や腸内ガスの話題はよく取り上げられます。
腸内環境を整えることが結果として美肌にも通じるし、女性は便秘のひとも多いので関心が高いんですね。
最近は大腸がんといった病気も増えてきているので腸の健康を保つことを意識するのはとっても大事なことです。
世界一受けたい授業では腸内ガスでおなかが張って痛かったり、膨満感に悩んでいる人のためのおすすめの改善方法などを紹介していました。
とっても簡単なので日常生活に取り入れやすいです。
腸内ガス発生の2つの理由とは

食べ物分解で発生する。

腸内ガスは食べ物を腸で分解する際腸内細菌が働くことでガスが発生します。これがメイン

空気を飲み込みすぎている

おならが多くでてしまう人の原因に実は空気を必要異常に飲み込んでいるというのがあります。早食いやよくおしゃべりするひともこの傾向があるので要注意。
通常、人間は一日3リットルのガスを発生しているそうです。

スポンサーリンク

腸内ガス改善するには…

実は食物繊維の摂り過ぎは逆効果だそうです。
かえってガスが発生し腸内に溜まりやすくなってしまいます。
おなら改善のために野菜を食べているけど…と言う人は正解イチ受けたい授業で紹介されていた方法を試すといいでしょう。
炭水化物を多めにとる方法です。
うどんやおかゆといった消化にいい炭水化物を摂ると腸内ガスを体外に押し出してくれる働きがあります。
余談ですが、納豆の食べ過ぎでおならがとまらなくなったのをコメやうどんをたべることによって改善したという有名人エピソードを聞いたことがあります。
腸内ガスを減らすには…
世界一受けたい授業では腸内ガスを減らすためにまずガス溜まりを防ぐ方法としてごろごろ体操を紹介していました。
うつぶせの状態で左右にごろごろ。時間は10分程度。
腸をよく動かすことによって改善する方法。
もうひとつははちみつ牛乳。100CCの牛乳にはちみつ小さじ1でOKです。
牛乳に含まれる乳糖でおなかをごろごろ、善玉菌のエサとなるオリゴ糖がはちみつには含まれているので腸内環境を整えるのにいいと言われていますよ。

スポンサーリンク