腸内フローラ 納豆

腸内フローラを善玉菌優勢にするには納豆はおすすめか?

スポンサーリンク

腸内フローラは人間の大腸の細菌群の様をお花畑に例えてその名前をつけられました。
腸内フローラを善玉菌優勢の状態にすると腸内環境が改善し、お肌の悩み解消や免疫力低下を回復、体調を整えるといった効果を期待できます。
また大腸がんといった病気の予防にも腸内フローラを善玉菌優勢にする必要があるのです。
食生活の乱れがあると悪玉菌が優勢になっておならが臭くなったり、腸内が異常発酵したりと…結果的に便秘になったりして体が不調に…
腸内フローラを善玉菌優勢にするには食生活を見直すことが大事です。
納豆は善玉菌を増やすのにいいと言われています。納豆に含まれる納豆菌が善玉菌を増やす働きがあるのです。
乳酸菌もいいと言われていますが、合わない人もいるので、善玉菌を増やすのに乳酸菌と意識して摂るようにしているのにいまひとつだなと感じたら納豆も取り入れるようにするといいでしょう。
納豆菌は乳酸菌の働きをサポートしさらにパワーアップさせます。
また抗菌作用もあるので体の中から毒素を排出し免疫力アップにつながるわけです。

スポンサーリンク

もちろん食べ過ぎはダメですよ。
納豆も大豆が原料なので食べ過ぎるとおならが臭くなったりすることがあります。
結局は偏ったものではなく納豆以外に食物繊維を多く含む野菜なども一緒に摂るといいのがベストですね。
簡単だけどこれが難しいのですが。
食品で摂るのがいいのでしょうが、忙しくて管理するのが難しい人はサプリメントを取り入れることも選択肢の1つに入れてみるのもいいでしょう。
善玉菌を増やすには発酵食品がおすすめと言われています。
代表的なものとしてはヨーグルトやキムチ、ぬか漬けなどですね。
ヨーグルトは日本人には合わない人もいます。
日本人は細菌は欧米型の食事を摂る人が多くなりましたが、もともと菜食だったので植物性乳酸菌のほうが合いやすいと言われています。
ヨーグルトがちょっと合わないなと思ったら植物性乳酸菌を摂るのもいいですね。植物性乳酸菌はキムチやぬか漬けに含まれています。
またヨーグルトの中にも植物性乳酸菌を配合したものもあります。

スポンサーリンク