腸内異常発酵 症状

腸内異常発酵の症状ってどんなもの?

スポンサーリンク

腸内の異常発酵が起こるとどんな症状が起こるのかまとめてみました。
腸内異常発酵が起きるとガスが発生しお腹が張って痛くなることがあります。
また腸内に発生したガスのためにおならがたくさん出たり、そのおならが異常に臭かったりして大変なのです。
おならが出ることがいやで我慢してしまうと体外に排出しなくてはいけないガスが血液に入って行ったり、口のほうに上がっていき、結果体臭がひどくなってしまったり、口臭に悩むことも。
人によっていろいろな症状があります。
腸内の異常発酵が原因で腸の働きが弱まり便秘になったり下痢になる人もいます。
いろんな症状があるので、もし悩んでいるのであれば腸内環境を良くすることが大事になってきます。
腸というのはデリケートです、普段から神経質だったりいろんなストレスを抱えていると言う人も腸にダメージが着てしまいます。
ストレスを軽減するということも大事なんです。
また自律神経の乱れも腸内異常発酵の原因となると言われています。
自律神経の乱れは不規則な生活や運動不足によって起こります。

スポンサーリンク

また加齢とともに・・というのもあるようです。
自律神経を整えるには規則正しい生活が大事です。
朝いつまでもねているのではなく同じ時間に起き生活のリズムを一定にするといいでしょう。
食事も腸内環境改善に良いと言われている食物繊維や発酵食品を多めに取りつつバランスのいいものにしてくださいね。
自律神経を十分に機能させるにはセトロニンと言う成分が必要です。
セトロニンを体内で作るにはトリプトファン、ビタミンB6が必要になります。
この栄養素が含まれた食べ物も意識して摂るといいですね。
トリプトファンはヨーグルト、チーズ、豆乳、納豆、バナナ、白米、肉に含まれています。
またビタミンB6は牛肉、とうがらし、にんにく、きなこ、まぐろなどに含まれていますよ。

スポンサーリンク