腸内異常発酵 腹痛

腸内異常発酵でおなかが痛い…その治療は?

スポンサーリンク

腸内異常発酵でガスがたまりおなかが痛い時はどうすればいいのでしょうか。
腸内異常発酵をおさえ、腸内環境を良くする必要があります。
腸内異常発酵に悩むひとは腸内細菌の中の悪玉菌が優勢である可能性があるので、悪玉菌を減らし、善玉菌を優勢にすることが大切です。
食生活の改善が善玉菌を増やすのに必要になってきます。
まず自分の食生活を見なおしてみましょう。
悪玉菌が多いひとは欧米型の食事を好んでとっている可能性が高いですね。
欧米型の食事は肉食中心の食事で脂肪が多いものを好んで食べることが多い、野菜は嫌いというひとは要注意です。
肉もタンパク質が多いので体には必要なのですが、そればかり食べるとどうしても悪玉菌が増えやすいです。

スポンサーリンク

というのもタンパク質は悪玉菌の大好物なのです。
お肉が好きな人も脂の多い部位ではなく赤身をメインにしたり、調理方法も気をつけたほうがいいでしょう。
お肉を食べたら野菜を少し多めに食べるといったバランスを考えた食事にすると無理なくつづけられるのではないでしょうか。
腸内異常発酵でお腹がいたかったりするときは過敏性腸症候群の可能性もあります。
過敏性腸症候群は人それぞれ症状が違い、病院にいってもなかなか効果をかんじられなかったり、症状の改善に時間がかかることがあります。
過敏性腸症候群には便秘に悩む人、下痢に悩む人、その両方の症状が出る人、そしてガスが貯まる人などいろんな症状があります。
食生活の改善はもちろんのこと、ストレスが原因とも言われていますので、いかにストレスフリーな生活にしていくかというのも大事になってきます。

スポンサーリンク

腸内異常発酵でおなかが痛い…その治療は?関連ページ

腸内異常発酵の症状ってどんなもの?
腸内異常発酵を薬で改善できる?