腸内 ガス 腹痛

腸内ガスが腹痛の原因!?予防や解消法とは…

スポンサーリンク

人間腸内にガスがたまるのは自然のことです。通常200ミリリットルぐらいは腸内にガスがあると言われています。
ただ腸内ガスが異常に発生したり、通常の量より多いと腹痛の原因になったり、お腹の張りを引き起こしたりするのです。
腸の働きが低下したためと考えられ、予防には腸を健康に保つことが大事になってきます。
また腸内ガスはおならやゲップなどで体外に排出されるのでガスをきちんと体外に出すこと、溜めないようにすることが大切ですね。
腸内ガスがたまる原因はいくつかあります。
早食いの癖がある人は要注意です。
食べるときに必要以上の空気を飲み込んでしまい、その結果腸内ガスを発生させています。
冷たいものを飲み過ぎるのもNG習慣です。
とくに女性は気をつけてくださいね。体が冷えやすく、その冷えによる体の不調というのが女性にはとても多いのです。
冷たい飲み物、冷たい食べ物を好んで食べるひとは腸が冷えています。
温かい飲み物を摂ることを心がけるといいでしょう。
朝起き抜けの白湯というのを私はやっていますが、体も温まって胃腸にも優しいのでおすすめしますよ。
そのほか紅茶やミントティーもおすすめです。

スポンサーリンク

腸やお腹が冷えたな…ということであれば湯たんぽやカイロで腹部を温めるのもいいでしょう。
熱い夏は大変ですが、冬はやっていて心地いいので痛みがひどいときはやってみるといいですよ。
腸はストレスの影響を受けやすい器官です。
現代社会でストレスなく生きるというのが大変でしょう。
腸内ガスを異常発生させない、ためこまないためには自分がストレスを解消する術をもっておることが非常に重要です。
趣味を見つけておくことをおすすめします。
腸内ガスは体外に出してあげることが大事です。
とくに女性はおならが恥ずかしくて我慢してしまうひともいます。
我慢は体に良くないです。
ガスを抜く体操などを習慣にしておならがブワッと出ないようにしておくこと、そして臭くないおならにしておく必要があります。

スポンサーリンク