腸活キャベツ 効果 作り方 食べる量

腸活キャベツの効果は?作り方は?量はどのくらい食べればいいの?

腸内環境を整えるというので腸活キャベツという方法が紹介されて話題になりました。
また腸活を行って腸内環境を改善し、ダイエット効果を高めようという方法に注目があつまっています。
今回は腸活キャベツの効果や作り方、食べる量などについて紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

なぜ腸活かというとせっかくダイエットしても腸の状態がよくないとやせにくいんですね。
便秘解消にもいいですし、腸内環境をよくすることはガスの発生も抑えてくれるのでぜひやってみたいところです。
テレビで話題の腸活キャベツ。
作り方は簡単です。

  • キャベツを塩もみする。
  • お酢に一晩漬け込む。

ザワークラフトのような感じです。
番組によってはお酢はつかわず塩もみスパイスだけでつくるところもあります。
私としてはお酢が大好きなのでこちらのほうが好みです。
腸活キャベツを食べる量はいろいろ言われています。
食事に小皿1杯プラスする感覚で食べてみて下さい。
100グラムくらいを目安にするといいでしょう。
サラダ感覚で食べるのもよし。
パン食だったらそれにのせてトーストという風にアレンジしやすいですね。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエット中にキャベツは大活躍します。
ベジファーストといって最初に野菜を食べてからメインを食べるというやり方です。
こちらも効果あり、なしといろいろ言われていますが、私はやっていますよ。
腸活キャベツだけでなく野菜をまず食べることで血糖値をゆるやかにあげる効果があると言われているんです。
キャベツは食物繊維が豊富なのでこちらも腸内環境をよくするのに必要な成分ですね。
ダイエット中にもやくにたつ食材ですよ〜
腸活キャベツダイエットといってもそれだけ食べるというものではないです。
最近は単品ダイエットはあまりよくないといわれていることもあって、実際自分もやっていませんね。
バランスの良い食事に腸活キャベツをくわえてみるというやり方をやってみてください。
便秘気味のひとも、おなかの調子が悪い、ガスがたまるというひとも腸内環境を整えることがポイントになってきます。
腸活キャベツは簡単につくれますし、保存もきくので後一品必要だなというときにも役にたちますよ。
試してみて下さいね。

スポンサーリンク

腸活キャベツの効果は?作り方は?ダイエットにおすすめ?関連ページ

腸活〜金スマで紹介されたやり方とは?簡単でしたよ〜