納豆を食べたおならがくさい 原因 対策

納豆を食べたおならがくさいのはどうして?対策は?

スポンサーリンク

納豆は発酵食品で健康に良いと人気があるたべものですね。
私も大好きです。
納豆を食べすぎるとおならがくさくなくなった・・・という意見もありますね。
これはどうしてなのでしょうか。
ここではその原因と対策を調べてみました。
まず納豆とは健康にいいとされていますが、やはり食べ過ぎはよくありません。
どうしてもいいとされると食べすぎてしまうのですが、一日1パックくらいを食べるのがいいでしょう。
納豆を一日1パック食べているのにおならがくさい!というのであれば腸内環境が悪い可能性があります。
納豆は大豆でできていてタンパク質が豊富。
このタンパク質を分解するさいおならが臭くなる成分が発生するのです。
ただ腸内環境がよくて善玉菌が優勢であれば納豆を普通に食べていてもおならはくさくなりません。
臭いおならが出る場合は腸内環境が悪玉菌優勢になっている可能性がありますね。
タンパク質は悪玉菌のエサになります。
悪玉菌が優勢ですと、タンパク質を分解した時に悪臭のもとになるスカトールなどを発生させてしまいます。
腸の中で腐敗が起きてしまうわけです。

スポンサーリンク

でも腸内環境改善のために納豆を食べ始めたのに!というひとはしばらく食べてみて様子を見てみるといいでしょう。
腸内環境というのは1日や2日ですぐ変わりません。
2週間ほど様子を見た方がいいのです。
整ってくるとくさいおならがでなくなる場合もあります。
最初はおならがくさくても腸内環境が変わってくるので様子をみてください。
つぎに納豆を食べておならがくさいと思っていても、実はほかに食べているものが腸内に腐敗したガスを発生させている場合があります。
納豆だけでなくほかにもタンパク質を過剰に食べていたり、食物繊維が不足していないかなど食事全体を見直してみるのもいいですよ。
納豆に含まれる納豆菌は枯草菌という土壌菌の仲間です。
納豆菌は生きて腸に届くといわれていて腸内環境を整えてくれます。
バランスの良い食事に納豆を適量食べるのは腸内環境改善にオススメですよ。
納豆をそのまま食べるのもいいですが、キムチを入れてみたり、海藻をいれて食べてみたり食べ方を工夫すると食物繊維も摂ることができます。
私はよくキムチ納豆、オリーブオイル入れたものを食べています。
もしよかったら試してみて下さいね。

スポンサーリンク