腸内ガス改善

腸内異常発酵でおならが臭い…その原因とは

スポンサーリンク

腸内異常発酵でおなかにガスがたまると痛かったり、ぽっこりお腹になったりします。
またおなら自体が臭くなることもよくあります。
おなかが痛かったりおならのの臭いがあまりひどいと日常生活に支障をきたします。
女性だったり、仕事で人と会う機会が多い人は憂鬱になりますよね。
腸内異常発酵はどうしておこるのでしょうか。
腸内異常発酵が起こる原因はいろいろあります。

偏った食事、暴飲暴食

まず考えられるのが偏った食事が原因でおこります。
腸内異常発酵はシンプルにいうと消化できなかった食べ物が腐敗して起きます。

便秘による腸内環境の悪化

また慢性的な便秘や食生活の乱れで腸内環境が悪くなり悪玉菌が多い状態でも起きるのです。
いろいろありますが、腸内異常発酵が起きて、おならが臭い。。。というひとは食事の見直しが大事です。
偏った食生活のひとはまずはバランスのよい食事が大事になってきます。
そしてもし便秘気味ならその状況を改善するようにすることがポイントになってきます。

タンパク質が多い食事はおならが臭い?

肉や魚、乳製品といった動物性タンパク質を多く食べるといった食生活だとタンパク質を分解する際に発生する悪臭のもととなる成分が発生します。
インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素といったもの。
これが臭いのです。もともとおなら自体の成分はほとんど空気で臭くないのです、便もそこまで臭くありません。
おならや便の臭いが異常に臭いということは腸内環境が悪いと考えられます。
腸内環境を整える食生活に変える必要がありますね。

スポンサーリンク

腸内環境が悪く異常発酵すると…

お腹が痛いだけでなく肌に吹き出物ができるのでほうっておくと大変です。
また腸内環境が悪いままにしておくと思わぬ病気の原因にもなりかねません。
食生活の改善などでできることから心がけましょう。
そしてあまり改善が見られない場合は病院の一度相談してみるといいでしょう。

ストレスも関係している

腸内の異常発酵に実はストレスが関係していると言われています。
ストレスによって胃腸の働きが弱くなると消化能力がおち食べ物が長くとどまり腸内環境が悪化、結果としてガスがたまりやすくなり腸内が異常発酵してしまいます。
またストレスにより自律神経が乱れると大腸の働きが弱まります。
またそのことで便秘の原因となり腸内が悪化、これまた異常発酵に繋がるのです。

腸内環境を整える

腸内ガス 改善

腸内環境を整えることで異常発酵による臭いおならや便を解消することが大事です。
腸内には驚くほどたくさんの細菌が存在します。
テレビにもとりあげられることがよくありますが、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌と大きく分けて3種類。
腸内の細菌が存在する様子がまるでお花畑に見えることから腸内フローラという言い方もされるようになってきました。
腸内異常発酵を改善するには善玉菌を増やすことが大事です。
日和見菌は優勢なほうの細菌の味方をする性質があります。
腸内環境を善玉菌の働きを優勢にすることによって日和見菌も味方につけることが大事なのです。
善玉菌は年とともに減っていくと言われています。
年齢的に少し気になるというひとは意識して善玉菌を増やす生活を心がける必要がありますね。

スポンサーリンク